夏の花

アキメネスの育て方

アキメネス

科 名:イワタバコ科
学 名:アキメネス
別 名:ハナギリソウ
原産地:熱帯アメリカ
花 期:6~9月
流通期:7~8月
用 途:鉢植え、つり鉢
花言葉:珍品

アキメネスは初夏から秋にかけて、ピンクや紫色の楕円型のラッパのような花を次々に咲かせる。草丈は30~60cmまで成長する。属名はギリシア語で”寒い季節を好まない”という意味で、そのままに寒さが苦手だ。

寒さだけでなく暑さも苦手と気難しい花言葉のように珍品なアキメネスの育て方を紹介する。

Sponsored Links

アキメネスの特性を知る

園芸分類と性質・難易度

アキメネス

非耐寒性秋植え球根

【非耐寒性】
寒さに弱く最低でも7~10度以上を維持する必要がある。

【秋植え球根】
秋に球根を植えて、翌年の春に花を咲かせ、初夏に枯れる。

上級者向け植物

アキメネスは耐暑性・耐寒性が無く、水やりも独特の周期がある為、植物に関する知識が豊富で育てる環境が整っている上級者向けの植物と言える。

アキメネスの基本管理

アキメネスの水やりと肥料

春夏の水やり

アキメネスの春夏の水やりは成長期で多くの水分を吸収する為、植え込み材が乾く前にタップリと与える。特に夏は植え込み材が乾きやすいので毎日乾き具合をしっかりと確認しよう。

秋冬の水やり

秋になり気温が下がると水分要求量は少なくなる為、少しずつ水やりの量を減らして乾かし気味にする。秋の終わりから休眠状態に入り、屋内に取り込むことになるが。休眠中は水を一滴も与えてはいけない。

小まめな肥料が大切

予め植え込み材に緩効性肥料を混ぜておき、春から夏にかけての成長期は肥料を多く求める為、2週間に1回は液体肥料を与えるようにする。

アキメネスの置き場所と日当たり

春から秋は屋外の軒下で管理

アキメネスは暑さと強い日差しが苦手なので屋外の半日陰で管理する。また雨が花や葉に当たると傷みの原因になるので軒下など雨を凌げる場所で管理しよう。

冬は屋内に取り込む

アキメネスは非耐寒性で冬の前には地上部分が枯れて休眠状態に入る。休眠中は水を与えずに乾燥させて8度前後の冷暗所で春まで保管する。

アキメネスの植え替え

赤玉土・腐葉土・軽石で植え付け

アキメネスは通気性と水はけの良い土壌を好む為、赤玉土と腐葉土、軽石(小粒)を混ぜて(赤玉土5:腐葉土3:軽石2)植え付けると良い。

アキメネスの増やし方

球根を分けて増やす

アキメネスは冬の休眠中に掘り起こして、元の球根の周りに付いている子供の球根を分けることが出来る。しっかりと元の球根が成長していれば、周りに複数の子供が出来ているはずだ。

Sponsored Links

関連記事

    オキザリス

    科 名:カタバミ科 学 名:オキザリス 別 名:球根カタバミ 原産地:南アフリカ、中南米…

    アマリリス

    科 名:ヒガンバナ科 学 名:ヒッペアストラム 別 名:ヒッペアストラム 原産地:中央・…

    カロコルタス

    科 名:ユリ科 学 名:カロコルタス 別 名:バタフライチューリップ 原産地:北アメリカ…

    コスモス

    科 名:キク科 学 名:コスモス 別 名:アキザクラ(秋桜) 原産地:メキシコ 花 期:…

    アキレア

    科 名:キク科 学 名:アキレア 別 名:ノコギリソウ 原産地:ヨーロッパ、コーカサス地…