春の花

イキシオリリオンの育て方

イキシオリリオン

科 名:ヒガンバナ科
学 名:イキシオリリオン
別 名:イクシオリリオン
原産地:中央アジア
花 期:5~6月
流通期:8~11月
用 途:鉢植え、地植え、切り花
花言葉:なし

Sponsored Links

イキシオリリオンの特性を知る

イキシオリリオン

園芸分類と性質・難易度

半耐寒性秋植え球根

【半耐寒性】
霜や強い寒さに当てなければ、屋根の下やベランダなどで冬を越すことができる。

【秋植え球根】
秋に球根を植えて、翌年の春に花を咲かせ、初夏に枯れる。

初級者向け植物

夏越しも冬越しも比較的に簡単で、水やりの頻度も少ない。まさに初級者向けの植物の代表と言える。おすすめできる植物。

イキシオリリオンの基本管理

イキシオリリオンの水やりと肥料

乾燥気味がちょうど良い

イキシオリリオンは過湿や多湿を嫌うため水の与えすぎに注意が必要。逆に乾燥には強く、植え込み材が完全に乾いたことを確認してから水を与えるようにする。

なお、地植えする場合は水を与えずに、雨水だけでも十分だ。

夏は水を与えない

イキシオリリオンは夏に入ると休眠状態に入る。花や葉はすべて枯れ落ちて、そのままの状態で夏を越す。この間は水を一切与えないようにする。

緩行性肥料と液体肥料を与える

イキシオリリオンを植え付ける際(秋頃)に緩行性肥料を混ぜておき、さらに春の開花時期に液体肥料を2~3週間に1度与える。

イキシオリリオンの置き場所と日当たり

日光が必要不可欠

イキシオリリオンは冬の寒さに耐性があるため、霜が降りるほどの寒さでなければ春秋冬は屋外でも問題はない。ただし、日光に当ててあげることが重要で、日光が不足すると葉や花の色合いに影響が出てくる。

なお、夏の休眠期間は雨が当たらないように鉢植えなら屋内に、地植えなら掘り出して屋内の日陰に置いておくと良い。

イキシオリリオンの植え替え

市販の花用の土でOK

イキシオリリオンは市販の花用の土で植えつけてOKだ。

Sponsored Links

関連記事