春の花

ガーベラの育て方

ガーベラ

科 名:キク科
学 名:ガーベラ
別 名:ハナグルマ
原産地:南アフリカ
花 期:4~10月
流通期:周年
用 途:鉢植え、地植え、切り花
花言葉:神秘、光に満ちた

ガーベラは花の形や花色が豊富で庭植えや室内花としても人気だ。太い茎を株元からのばして大きな花を咲かせる。その花姿からハナグルマ(花車)という別名もある。雨が多い日本の気候にも適応するため非常に育てやすい。

丈夫でカラフルなガーベラの育て方を紹介する。

Sponsored Links

ガーベラの特性を知る

ガーベラ

園芸分類と性質・難易度

半耐寒性多年草

【半耐寒性】
霜や強い寒さに当てなければ、屋根の下やベランダなどで冬を越すことができる。

【多年草】
1年草とは違い、多年に渡って成長し続ける。

初級者向け植物

ガーベラは品種にもよるが外に地植えしても育てられるほどに強い。ただし花びらは繊細なので注意が必要。いくつかのポイントがあるが育てて花を咲かせるだけならスーパークリムソンなど初級者向けの品種もある。

ガーベラの基本管理

ガーベラの水やりと肥料

水は乾いてからタップリと与える

ガーベラは多湿を嫌い、植え込み材が長期間に渡ってジメジメしていると根腐れを起こし枯れてしまう。植え込み材がしっかりと乾いた事を確認してから与える。乾かし気味を意識して管理しよう。

花に水が掛からないように注意

ガーベラの花びらはとても繊細で水が掛かると傷み、枯れてしまう。もちろん雨が掛かっても枯れてしまうので鉢植えなら雨が掛からないように移動したほうが良い。

開花期に液体肥料を与える

開花期間は多くの養分を必要とする為、10日に1度は液体肥料を与えると良い。しっかりと肥料を与えることで次々にお花を咲かせていく。

ガーベラの置き場所と日当たり

夏以外はタップリと日光を当てる

ガーベラは日当たりの良い場所を好み、日光が少ないと花が咲きにくくなる。春秋冬はしっかりと日光を当てるように意識しよう。ただし、夏の日光は強すぎるため風通しの良い半日陰で管理する。

ガーベラの植え替え

赤玉土・腐葉土で植え付け

ガーベラは多湿を嫌う為、赤玉土と腐葉土で(赤玉土6:腐葉土4)植え付ける。それでも水はけが悪いようであればバーミキュライトを少量混ぜると良い。

ガーベラの増やし方

ガーベラは株分けで増やす

ガーベラは2年ほど育てると鉢の中いっぱいに成長する。この株を土の中から掘り起こし、ついている土をしっかりと落とす。土を落としたらハサミやナイフで切り分けて土に植え付ける。ただし、太い根を傷めると植え付けた後に枯れることはあるので注意が必要。

Sponsored Links

関連記事