秋・冬の花

オミナエシ(女郎花)の育て方

オミナエシ

科 名:オミナエシ科
学 名:パトリニア
別 名:アワバナ、粟花
原産地:中国、朝鮮半島、日本
花 期:6〜11月
流通期:6〜9月
用 途:鉢植え、地植え、切り花
花言葉:美人、約束

オミナエシは小さな黄色の花をたくさんつけて風に揺られる姿はとても綺麗で、日本では秋の七草として親しみの深い植物だ。山野に自生しており、庭の植え込みや切り花としても人気だ。草丈は1m以上にも伸びる。

日本でも野原に自然に咲いている日本の気候にマッチしたオミナエシの育て方を紹介する。

Sponsored Links

オミナエシ(女郎花)の特性を知る

オミナエシ

園芸分類と性質・難易度

耐寒性多年草

【耐寒性】
寒さに強く0度以下にも耐えることが出来る。

【多年草】
1年草とは違い、多年に渡って成長し続ける。

初級者向け植物

オミナエシは日本に自生していることからも分かる通り、自然の環境でも生育する。すなわち放置していても栽培することが出来る為、非常に簡単に鉢植え、地植えとして楽しめる植物だ。日当たりと水はけの良い環境にだけ注意すれば他に問題はない。鉢植えの場合は茎が伸び始めたタイミングで摘心して間延びしすぎないようコントロールすると良い。初心者向けの植物だ。

オミナエシ(女郎花)の基本管理

オミナエシ(女郎花)の水やりと肥料

乾いたらたっぷりと水を与える

オミナエシの水やりは植え込み材の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにする。地植えの場合は最初は水を与える必要があるが、しっかりと根付いてしまえば放置して構わない。

緩効性肥料を植え込み時に

オミナエシは植え込む際に緩効性肥料を少量撒いておくことで十分だ。追肥をする場合は花が枯れた後の10〜11月に油かすを撒いておくと良い。

オミナエシの置き場所と日当たり

西日にだけ注意が必要

オミナエシは日当たりの良い環境を好む。ただ西日が強すぎる場所は植え込み材が乾きすぎてしまう。朝昼に日差しが当たり、夕方からは日が陰る場所が良いだろう。

より美しく育てる場合は夏の直射日光は遮光するなど調節する。すると茎が細く繊細な美しさが表現出来る。

オミナエシ(女郎花)の植え替え

培養土か軽石と鹿沼土と赤玉土で植え付け

オミナエシはホームセンター等で市販されている草花用の培養土でも十分に栽培は可能だ。ただオミナエシの中でも高山性の品種は(キンレイカなど)軽石・鹿沼土・赤玉土を(軽石2:鹿沼土4:赤玉土4)混ぜて植え付ける。ただ軽石と鹿沼土、赤玉土ともに水洗いなどをして細かい粒を取り除かなければ水はけが悪くなるので注意。

オミナエシ(女郎花)の増やし方

種と株分けで増やす

オミナエシは秋に採取した種を冷暗所で保管し、春に蒔くことで増やせる。また屋内で栽培している場合は冬の休眠期に株分けをすることでも増やせる。

Sponsored Links

関連記事