秋・冬の花

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズ

科 名:キンポウゲ科
学 名:ヘレボルス
別 名:レンテンローズ
原産地:ヨーロッパ中部・南部、西アジア
花 期:12~4月
流通期:12~4月
用 途:鉢植え、地植え、切り花
花言葉:スキャンダル

クリスマスローズはヘレボルス・ニゲルという白い花を咲かせる品種を指す名前だ。日本でクリスマスローズとして流通しているのは、多くがオリエンタリスやその交配種でレンテンローズという。

本当はクリスマスローズじゃないけど、日本で人気のクリスマスローズ(レンテンローズ)の育て方を紹介する。

Sponsored Links

クリスマスローズの特性を知る

クリスマスローズ

園芸分類と性質・難易度

耐寒性多年草

【耐寒性】
寒さに強く0度以下にも耐えることが出来る。

【多年草】
1年草とは違い、多年に渡って成長し続ける。

初級者向け植物

クリスマスローズは水やりと夏の管理にだけ注意すれば、寒さにも強く非常に育てやすい植物だ。流通量も多く情報も資材も豊富で初級者向けの植物といえる。

クリスマスローズの基本管理

クリスマスローズの水やりと肥料

年間通して乾燥気味で

植え込み材の表面が乾いたらタップリと与える。表面が濡れていたら与えない。夏は休眠期だが与える間隔は同じで乾いたら与える。特に夏は乾くのが早いので注意が必要。冬は乾くまでに時間が掛かるが、焦ってあげないようにする。冬は午前中に与えないと夜中に根が傷んでしまう。

春と秋に液体肥料を与える

クリスマスローズは春と秋の10日に1回液体肥料を与える。

クリスマスローズの置き場所と日当たり

季節でマメに場所を入れ替え

クリスマスローズは日光を好む。春と秋は日当たりの良い場所に置き、夏は半日陰に、冬は気温を見て屋内や軒下などで管理する。

クリスマスローズは夏に枯らしてしまうことが多く、風通しの良い半日陰か日陰に移して管理しよう。また夏は害虫がつきやすくなるので葉の裏などをマメにチェックしよう。

クリスマスローズの植え替え

専用の用土を使用する

クリスマスローズは流通量が多く、専用の用土がホームセンター等で販売されているのでそれを使用すると良い。

クリスマスローズの増やし方

株分けで増やす

クリスマスローズは株を切り分けることで増やすことが出来る。1株は3芽以上を残して分けるようにする。

Sponsored Links

関連記事