秋・冬の花

コーレアの育て方

コーレア

科 名:ミカン科
学 名:コーレア
別 名:タスマニアンベル
原産地:オーストラリア、タスマニア
花 期:1~3月
流通期:9~10月
用 途:鉢植え
花言葉:

コーレアはタスマニアンベルやオーストラリアンフクシアなど原産地の名前が入った名前とグリーンハットという花の形から付けられた別名がある。グリーンハットと呼ばれる通り、花の形は帽子のようで、花色は緑だけではなく、赤や黄色、オレンジなどカラフルだ。

ユニークな名前と花が可愛らしいコーレアの育て方を紹介する。

Sponsored Links

コーレアの特性を知る

コーレア

園芸分類と性質・難易度

半耐寒性~耐寒性常緑低木

【半耐寒性】
霜や強い寒さに当てなければ、屋根の下やベランダなどで冬を越すことができる。

【耐寒性】
寒さに強く0度以下にも耐えることが出来る。

【常緑低木】
一年中、緑の葉をつける常緑樹で成長しても比較的に背が低い。

中級者向け植物

コーレアは品種によって耐寒性に違いがあるが、基本的には冬は暖かくする必要があり、水の与え方も癖がある。さらに日本での流通量が少なく、情報も少ないことから中級者から上級者向けの植物といえる。

コーレアの基本管理

コーレアの水やりと肥料

乾かし過ぎず、過湿し過ぎず

コーレアは乾燥の強いオーストラリア出身の植物で、ある程度の乾燥には強い(過信は禁物)逆に水を与え過ぎると根が腐るので、植え込み材がしっかりと乾いてから与えるようにしていれば枯らすことはない。

肥料は無くても良い

コーレアは肥料を与えなくても十分に育つ。もし与える場合は春と秋だけ、緩効性肥料を与える。夏は肥料は絶対に与えない。

コーレアの置き場所と日当たり

年間とおして半日陰で良い

コーレアは直射日光に無理をして当てる必要はない。むしろ夏の直射日光に当てすぎると枯れることがある。軒下などで雨に当たらないように管理すれば良い。冬は屋内に取り込まないと寒さで枯れることがある。

コーレアの植え替え

市販の培養土を使用する

コーレアは市販の培養土のみで植え替えると良い。

コーレアの増やし方

挿し木で増やす

コーレアは秋に挿し木することで増やすことが出来る。

Sponsored Links

関連記事

    アキレア

    科 名:キク科 学 名:アキレア 別 名:ノコギリソウ 原産地:ヨーロッパ、コーカサス地…

    アザレア

    科 名:ツツジ科 学 名:ロードデンドロン 別 名:西洋ツツジ 原産地:中国、日本 花 …

    カトレア

    科 名:ラン科 学 名:カトレヤ 別 名: 原産地:中央・南アメリカ 花 期:10~2月…

    バンクシア

    科 名:ヤマモガシ科 学 名:バンクシア 別 名: 原産地:オーストラリア西部 花 期:…

    ザミア

    科 名:ソテツ科 学 名:ザミア 別 名:ヒロハザミア 原産地:メキシコ、西インド諸島 …