周年の花

ニューサイランの育て方

ニューサイラン

科 名:ユリ科
学 名:フォルミウム
別 名:マオラン
原産地:ニュージーランド
花 期:周年
流通期:3、5、9、11、12月
用 途:鉢植え、地植え、切り花
花言葉:

ニューサイランは剣状の葉に黄色や緑、紫、乳白色のタテ縞模様が入る品種や全体が暗い赤紫色になる園芸品種が多く流通している。夏にいちよう花が咲くが、花自体はほとんど鑑賞されない。

花ではなくユニークは葉を楽しむニューサイランの育て方を紹介する。

Sponsored Links

ニューサイランの特性を知る

ニューサイラン

園芸分類と性質・難易度

半耐寒性多年草

【半耐寒性】
霜や強い寒さに当てなければ、屋根の下やベランダなどで冬を越すことができる。

【多年草】
1年草とは違い、多年に渡って成長し続ける。

初級者向け植物

ニューサイランは品種にもよるが暑さ寒さに強く、水やりも間隔を掴めば簡単だ。耐寒性のある品種なら初級者でも簡単に育てられる。

ニューサイランの基本管理

ニューサイランの水やりと肥料

水の与え過ぎに注意

ニューサイランは水の与え過ぎでついつい枯らしてしまう植物だ。植え込み材が乾いたrたっぷりと与えるようにする。気温が低い季節や梅雨の時期は乾きが悪くなるので与え過ぎに注意。

置肥を定期的に

まず植え付ける際に元肥として緩効性肥料を混ぜておく。そして、追肥として4月から9月上旬の生育期は油かすを定期的に蒔いておく。

ニューサイランの置き場所と日当たり

日当たりの良い場所で管理する

ニューサイランは日光を好む。夏と冬以外は日当たりの良い屋外で管理する。夏と冬は葉が乾燥し過ぎないように霧吹きなどを行うと良い。耐寒性のない品種は屋内に取り込む。

ニューサイランの植え替え

赤玉土と腐葉土、川砂で植え付け

ニューサイランは水はけの良い土壌を好むので赤玉土と腐葉土、川砂を(赤玉土6:腐葉土3:川砂1)混ぜて植え付ける。

ニューサイランの増やし方

株分けで増やす

ニューサイランは3月の中旬から4月上旬に鉢から株を掘りあげて、切り分けることで増やすことが出来る。

Sponsored Links

関連記事