観葉植物

ヒポエステスの育て方

ヒポエステス

科 名:キツネノマゴ科
学 名:ヒポエステス・フィロスタキア
別 名:ソバカスソウ
原産地:マダガスカル
花 期:8~10月
流通期:通年月
用 途:鉢植え、地植え
花言葉:

ヒポエステスは卵のような丸い葉に白や赤、紫といったカラフルな斑の模様が特徴の植物だ。花を咲かせることもあるが、非常に小さく観葉植物と言われる通り葉の方が綺麗だ。カラフルな葉が綺麗で寄せ植えのアクセントとしても人気だ。

カラフルで育てやすいヒポエステスの育て方を紹介する。

Sponsored Links

ヒポエステスの特性を知る

ヒポエステス

園芸分類と性質・難易度

常緑低木

【常緑低木】
一年中、緑の葉をつける常緑樹で成長しても比較的に背が低い。

初級者向け植物

ヒポエステスは水やりや置き場所の移動など多少の手間が掛かるが、簡単には枯れにくく育てやすい植物だ。増やすことも簡単で植物を育て始めたいという初級者にもおすすめだ。

ヒポエステスの基本管理

ヒポエステスの水やりと肥料

水やりは季節に合わせて

ヒポエステスは基本、植え込み材が乾いてきたら与えるが、季節によって乾き具合は大きく変化する。春と秋は植え込み材の表面が乾いたらタップリと与える。夏は置き場所にもよるが乾くのが早いので毎日、与えても良いだろう。冬は逆に乾くのが遅く、表面が乾いても中が湿ってる事が多いので表面が乾いてから2、3日後に与えると丁度良い。

置肥か液肥どちらでも可

ヒポエステスは肥料を与えなくても比較的に丈夫に育つが、与える場合は春から秋の生育期に緩効性肥料を2ヶ月に1回ほど撒くか、液体肥料を水で薄めて10日置きに与えると良い。

ヒポエステスの置き場所と日当たり

鉢植えの場合は季節で移動を

ヒポエステスを丈夫に育てる場合は季節や気温で鉢上を移動する必要がある。春と秋は日光の当たる屋外に、夏は明るい日陰(直射日光に注意)に、冬は屋内に取り込み窓際で日光に当てる。ただ夏の猛暑と冬の夜の冷え込みにだけは注意が必要だ。

ヒポエステスの植え替え

赤玉土と腐葉土で植え付け

ヒポエステスは水はけの良い環境を好むので赤玉土と腐葉土(赤玉土7:腐葉土3)で植え付けると良い。

ヒポエステスの増やし方

挿し木で増やす

ヒポエステスは伸びた枝(茎)を5cm以上の長さにカットして、切り口側を下に水に浸けておく。数日で根っこが伸びてくるので、その根を充実させてから土などに植え付けて水を切らさないように数日おくと根付く。比較的に簡単に増やすことが出来る。

Sponsored Links

関連記事